スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

新規者から中級者への道 九州三国志

 2011-04-29
九州三国志

概要
•堺南蛮街にいる3名の取次NPCに話しかけるとクエストが始まり、各城へ移動できる。

◦南蛮語は必要ない。

◦加担勢力を変更しても、その加担勢力の友好度・クエスト進行度は維持される。
加担勢力 居城   取次役  取次役の場所
大友家  府内城  フロイス 堺南蛮街/教会の中
龍造寺家 佐賀城  王直   堺南蛮街/入口すぐの橋
島津家  鹿児島城 近衛前久 堺南蛮街/入口門を進んだ右手

•仕官中は合戦場に似せたフィールド型ダンジョンや、各勢力の城型ダンジョンを攻略して友好度を上げていく。

•陣の攻略状況は最も進んでいないプレイヤーに合わせられる 徒党員全員が攻略済みであった場合、その陣は回避可能。

5名以上で徒党を組んでいれば九州ダンジョンへ入場可能。

敵NPC徒党を1を含め合計3体以上を倒すと「総崩れ」を起こし、残りの人数にかかわらずこちらが強制的に勝利する

◦獲得経験値・修得度・覚醒値・獲得金は全撃破でも総崩れでも変わらない。

•各陣の大将を倒し、先導NPC(各勢力の有力者)に報告すると、初回のみ「区間友好度ボーナス」を獲得できる。

◦エリア外に戻った後でも城にいる先導NPCに報告することで獲得可能。

•一度入場した合戦場から退出すると、徒党員全員が各城大名に報告しない限り再度入場することはできない

友好度27001以上で、徒党人数制限5人のクエスト九州三国志・極が発生する。

友好度の上限は50000。ただし42001以上からの恩恵はない

野戦型ダンジョン

•大友家
◦今山の合戦
◦耳川の合戦

•龍造寺家
◦沖田畷の合戦
◦今山の合戦

•島津家
◦耳川の合戦
◦沖田畷の合戦

攻城ダンジョン

•大友家
◦佐賀攻め
◦鹿児島攻め

•龍造寺家
◦鹿児島攻め
◦府内攻め

•島津家
◦府内攻め
◦佐賀攻め

友好度
•現在の友好度は鎮西軍功帳で確認できる。

獲得友好度
入手先     獲得値(野戦) 獲得値(攻城)
区間大将
区間1      60      150
区間2      60      250
区間3      60      400
区間4      60 600
区間5     100     900
区間副将 20 8
一般兵士 4 LV59以下 5 LV60以上 8

区間達成ボーナス
区間による(以下は区間合計) 再入手不可
(進行リセット含む)
野戦1:2300 野戦2:2700 総計:5000
攻城1:4500 攻城2:4800 総計:14300

野極1:4300 野極2:4300 総計:22300
城極1:6000 城極2:6000 総計:34300

紹介状
各勢力(大友家/龍造寺家/島津家)毎
勢力毎に  500 当人・一門殊勲と交換 ※5000以上で使用不可
紹介状・改

各勢力(大友家/龍造寺家/島津家)毎
勢力毎に  500    毎日かわら版・特務依頼(九州系)で入手 ※50000以上で使用不可


説明
まずは目指すのは友好度1万、そして27001以上で貰える帯となる。

友好度1万にすれば条件付きで、攻城ダンジョンに入場可能になる為。また高千穂ダンジョンへの入場条件の一つである。(3勢力で1万でも可)

では、最短はどうなのか?

まずは、個人・一門勲功を使って紹介状10枚を入手。

友好度500×10枚=5000
3勢力(島津10:大友10:龍造寺10)で30枚。 

個人で足りなければ、一門の筆頭等に相談してみるといい。
※余っていない状況もあるが、余っているのにくれない一門は新規を育てる・支援活動にあまり理解がないと思われる。

入手したら各勢力の大名の前で使用し、話かける。これを紹介状分繰り返す。

島津家   島津 義久
大友家   大友 宗麟
龍造寺家  龍造寺 隆信


軍功帳を確認し、友好度5000になればok!

瓦・特務の九州編を利用しながら野戦攻略(友好度5000有るので野戦1・2どちらでも)が可能。

初回の区間攻略ボーナスを含め、野戦1・2をクリアした時点で友好1万は達成出来ている。


城攻め1・2の1-5攻略での友好度で計14300↑が達成出来る。

すると勲功5000+野戦1・2攻略5000+城攻め1・2攻略14300=24300

城では雑魚狩りする場面もある為、24300以上の友好度が得られている。

瓦・特務九州野戦 も使用の場合、達成後に500の紹介状・改も含まれると+1000(野戦1・2)

すると、帯までの27001までは、約1000~1500の調整がいる場合もある。


スポンサーサイト

東北新幹線復旧

 2011-04-29
東北新幹線が全線復旧 はやぶさも復活毎日新聞から抜粋

 JR東日本は29日、仙台~一ノ関間で東北新幹線の運行を再開し、東日本大震災から約1カ月半ぶりに東京-新青森間(713.7キロ)の全線で復旧した。下り一番列車となる「やまびこ」251号盛岡行きは午前6時12分に東京駅を定刻通りに出発した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110429-00000000-maiall-soci

 新型車両E5系で運行する「はやぶさ」501号新青森行きも、車体に書かれた「つなげよう、日本。」「がんばろう日本! がんばろう東北!」のメッセージとともに午前8時44分に東京駅を出発して、新青森駅を目指した。震災前の3月4日にデビューしたばかりの「はやぶさ」は東北復興のシンボルとして東京-新青森間と東京-仙台間を各1往復する。

 東北新幹線は3月11日の東日本大震災で全線が運休した。東京-那須塩原間など徐々に運行が再開され、25日には東京~仙台間が復旧。仙台-一ノ関間を残すだけとなっていた。



8時の某テレビ局でたまたま目にしたニュース。

JR東海・JR西日本から約3000人を復旧作業員として派遣。

復興に1年はかかると言われていた仙台駅。それをわずか49日で復旧した。

見えない所で頑張ってくれた人・今現在も頑張って復旧作業している人の光景を目にし、感動した。

朝のニュースで仙台駅駅長のインタビューより

GWまでに間にあわすという、全員一丸となって一つの目標にし、GWまでにはなんとか間に合わせたかった。間に合ってよかった。」

震災地から遠く離れているウチですが、思わず涙してしまった記事でした。

あっぱれ、作業員!お見事!

さすがコーエー

 2011-04-27
期待裏切らないメンテ延長。さすがコーエー。

1時間早くメンテしても終わらないとか何やってんの? 

思いきって6時~とかにしとけばよかったのにw

教訓を活かせれてない部分はさすがですね。

あ、活かして1時間早くしたんだっけか?w

何気ない事・嬉しい事

 2011-04-27
まず、昨夜私設に居た方々に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

ここ最近イライラが続いていて、それが昨夜暴発しました。

私設で言うべき事ではなかったのですが、後の後悔・・・


そんなウチを見かねてか、対話で色々お話しする方もいましたがw

話をしている最中にまさかの発言が来たときは驚きでした。

その本人曰くウチが背負ってる物が大きいとかなんとか・・・んー、そういう風には思った事なかったんですけどw

ただ、言われるとそう思えてもきますね。

でも、そういう視点で見てくれている人もいるんだな、そこに気づいてくれているだけでと嬉しい事でしたけどね^^

特にそういう風に見て欲しいとか全く皆無でしたので、聞いた時は口元がニヤニヤしてましたがw

まぁ、一人でもわかってくれる方が居ればそれは大きな支えですね。

3陣来るけど変わりない方向でウチはプレイしたいです。








第3陣 Game Watchをぶった斬りする

 2011-04-27
開発者インタビュー。「『小田原の陣』では有名武将との戦いを楽しんで!」

編: 最初にどうしてこんなに実装が遅くなったのかを教えてください

渡辺知宏氏: ダンジョンの作成方針が変わっていった中で、1徒党で攻略できるものにしていくために、1度は多人数用のコンテンツとして作っていたものを大きく変えたので、少し時間がかかってしまいました。

今村一太氏: 主な原因は2つあります。ダンジョンをどんどん出していくよりも、まずはユーザーさんが不満に思っている部分を優先して直していこうという方針で、「独眼竜の野望」ダンジョンや、技能の調整をまずはやっていきました。「小田原の陣」はもともとは複数徒党で攻略していくクエストが中心の作りになっていたのですが、それを1から再構築し直してメインのストーリーは7人徒党で楽しんでもらえるよう作り直しました。もう1つは、年末にPS3版が発売されて、新しいユーザーさんがたくさん入ってきたところに新しいダンジョンをぽんと入れても、レベル帯が違いすぎて一緒に遊べません。ですからまずはPS3から入った方が十分に慣れて、ベテランのユーザーさんたちと一緒に遊べるようになるまで少し時間を置くためにこの時期になりました。

ウチ「ホントかよ・・・新規ユーザーがすでに追いついているとでも思ってるのかね?」

編: 第3陣で覚醒ボーナスはどう変わるのですか?

渡辺氏: 皆さんに無理なく遊んでいただいて、さらにどんどん稼いでいけるシステムにするために、ポイントをもらえる量を変えることで、あまり遊ばなくてもたくさんもらえるけれど、遊べばさらにたくさんもらえるという形にしました。最初が60回と1番多くて、2番目は40回と普通で、3番目は20回と少なくなります。意図としましては、全部やるとなると時間がとてもかかってしまいますから、全部やらなくてもなるべく損をしないという形にしました。

今村氏: 3,000ポイント稼ぐという部分は今までと同じですが、それを週に3カ所しかできないというのが1つめの制限として加わっています。どこかで3,000ポイント貯めると60回覚醒ボーナスの権利がもらえます。今まで3,000ポイント貯めたら40回という形を3つのダンジョンでやってきたと思うのですが、小田原が入ったことで、4カ所全部やらなきゃいけないのではという“やらなければいけない感”が出るのが1番良くないと思いましたので3カ所という制限を入れました。やればやるほどもらえる回数は増えるのですが、1番最初に3,000ポイント貯めた時が量としては1番多い形に変更をしました。

編: それは2回くらいやれば充分じゃないですか?というメッセージですか?

今村氏: 少ない時間しか遊べない人がたくさん遊べる人に対して追いつけない仕様になりやすいので、PS3から始めたユーザーさんが追いつきやすいように少ない時間でも損をしないという形にしました

ウチ「少ない時間でも損をしないってのは社会人にはいい処置だが・・・3000仕様も変えたらいいじゃ。」

編: 「小田原の陣」への入場条件はどうなりますか?

渡辺氏: 基本的には人取橋をクリアしなくても入場できる形になっています。お話を進めるために最低限倒さなくてはならない敵はいますが、それはやりこみではなく、単純にお話を進めると言う意味合いが強いですね。

今村氏: 2つめの試練の相馬義胤を撃破すれば、「鬼門比叡山」と同じように入場条件用のNPCが出るのでそれを撃破すれば小田原に行くことができるようになります。

ウチ「グハッ、「よろずや」ショートカット出来ないってことか・・・」

■ 「闇」シリーズはダークヒーローになりたい人向け

新しい生産品「闇シリーズ」

「闇シリーズ」以外の上位品も登場しますと今村氏
編: 新しい生産で「闇シリーズ」が入りますが、これはどういったものになるのですか?

渡辺氏: ダークヒーロー的なキャラ付けをしたいという人や、そういうのがかっこいいと思われる方も多いかもしれない。そういう人のための装備になっています。

今村氏: 最初に出したのが光シリーズなのでそれに対をなすようなイメージです。黒を基調としたような感じの渋いかっこいい装備になっています。

ウチ「グラにあまり変化なく色だけってセンスが・・・」

編: 材料は「小田原の陣」で入手するのですか?

今村氏: ダンジョンとは関係なく、今までと同じように色々な種類の中からレシピを選ぶ形です。採集材料のものもありますし、合戦や領国市で手に入るアイテムを使ったものもあります。第一陣で問題があった部分は修正した形で実装しています。

ウチ「また三位一体みたいのを追加か?」

編: 目録も自分たちの拠点で手に入るのですか?

今村氏: そうですね。街のNPCから入手できます。

ウチ「街のNPCいっぱいいますけど・・・名前覚えてないのか?」

編: どのくらいの種類がはいるのですか?

今村氏: 新グラフィックスのものと既存グラフィックスのものを合わせて、武器と装備で約150種のレシピが新しく入ります。

渡辺氏: 今回の目玉は装備の見た目と性能を切り離すことができたというところです。おしゃれにしたいんだけれど、この装備を着なければダメと言う縛りをなるべくなくしたいと思っていました。「小田原の陣」で手に入る仕立て直しアイテムをできるだけ活用していただきたいなと思っています。

ウチ「いや、だからあんまりグラ変わってないように見えるんですけど・・・」

編: 武将の固有グラフィックスに関しては、装備したいという声が昔から大きかったと思います。今回そういったものも入っているのですか?

今村氏: 特に今回「小田原の陣」に出てくる敵武将の装備品に仕立て直せるアイテムは多めに用意しています。前衛と後衛のどちらでも装備できるものも入っています。もちろん、装備の種類によって、頭装備であれば面具などと別れていますので、その種類に応じて仕立て直すことができます

ウチ「既存グラ不評なのは全て仕立て直し使いますね。アレ?デザイナーさん立場ないな」

■ 副将のリポップ廃止、覚醒ボーナスなど大きく変わる合戦

今回の修正で、合戦に参加する人が増えて欲しい、と渡辺氏
編: 合戦の仕様変更の意図はどういったところにあるのですか?

渡辺氏: 合戦は「信長の野望 Online」のとても重要なコンテンツです。コミュニティが一体になってみんなで楽しく遊べるコンテンツとして作っていきたいと思っています。今回は合戦に参加できる人を増やしていくための変更です。これまで合戦に参加してみたけれども溶け込めなくて帰って来てしまったということも多かったと思います。合戦に参加したらなにかやることがあって、その中でコミュニティに溶け込んでいくというデザインにしていけるよう合戦システムの変更を行なうことになりました。

ウチ「古参の方と新規の方とで見方が違うとこは気づいてるのですか?」

今村氏: 合戦の中で対人志向でない方でもできる行動を多くしたという感じです。

渡辺氏: 合戦に参加するモチベーションとなる報酬が増加されています。いままで合戦に参加するよりもダンジョンに行ったほうが成長するという面がありましたが、ゲームのコンテンツとしてはどちらに行っても成長して欲しいと思っています。

今村氏: 今まで合戦では覚醒ポイントが入りにくかったのですが、合戦でも覚醒ボーナスが手に入るようになります。ダンジョンか合戦かという時に、合戦を選んだ人も楽しめるように調整しました。

ウチ「これはいい変更ですが、まだP狩り要素を増やすだけの様な・・・」

編: 覚醒ボーナスはどういった形ではいるのですか?

今村氏: 「恩賞奉行の覚醒」という形で、「独眼竜の野望」ダンジョンの覚醒ボーナスと同じような形で獲得できるようになります。

編: 合戦の中でNPCを倒してポイントを稼ぐことになるのですか?

今村氏: 合戦だけではなく、拠点戦でもポイントが獲得できるようになります。
「恩賞奉行の検分」を1,000ポイント貯めると、「恩賞奉行の覚醒」という覚醒ボーナスがもらえるので、それを使って陣取戦や大決戦、拠点戦でボーナスをもらうという形です。

編: 「恩賞奉行の検分」も稼ぎやすくなるということですが?

渡辺氏: 検分ポイントの入り方とか、そういったところをかえました。

今村氏: 今までは例えば「槍働き」ならNPCを20回倒さなければ入らなかったのですが、5体ずつ小分けに入るようになり、獲得できる値も大きくなりました。兵站活動も同じように、今までは20回やらなくてはならなかったのを、5回ずつ小分けに入るようになります。

編: 兵站活動だけでも1,000ポイント貯まるようになるのですか?

今村氏: 兵站活動だけでは1,000ポイントには届かないのですが、今までよりはたくさんポイントを稼ぐことができるようになります。

ウチ「ほぅ、これはなかなかいいとこに目を付けたな。だがまたP狩り要素か・・・」

渡辺氏: 後は兵站活動をやりやすくするアイテムを配布してレベルが低い人でもできるような形にします。


問題の多かった副将にようやくテコ入れができました、と今村氏
編: どういったアイテムが入るのですか?

渡辺氏: 姿を隠したり、特定の場所にワープすることができるようになるアイテムです。

編: レベルいくつまで適用されるのですか?

渡辺氏: 50までです。このレベルだと、合戦で活躍するのはなかなか厳しいものがありました。中級くらいの方でも、合戦に参加して遊べるようサポートするものです。今回、合戦の遊びやすさというところを改善していますので、今起こっている他の課題についても対応しています。

ウチ「60でも厳しいのに何言ってんの?1回プレイなさいよw」

編: 第三陣では新技能の追加がありませんでしたが、今後はどうなりますか?

今村氏: 第二陣後の方針変更でお話をしたと思いますが、技能というか職業のバランスは常に見ていく必要があるし、必要があればどんどん変更していくというスタンスは変わっていません。今後もバランスが悪いであったりとか、ユーザーさんのプレイログからバランスの悪さが判明したら追加したり、修正したりといったところは加えていきます。

編: 現状では1月と2月のバランス調整で様子見の状況ですか?

今村氏: そうですね。

ウチ「追加する度にバグやら不具合をちゃんとテストしてからにしてくださいよ・・・」

編: 最後にユーザーにメッセージをお願いします

渡辺氏: ようやく第三陣をお届けできます。皆さんで遊んでいただけるような合戦の形が見えてきたかなと思います。ダンジョンに関しても今までにない規模感で良いものになったと思います。今回はいろんな面で時間をかけて作ったので少しお待たせしたというところもありますが、開発スタッフ一同も自信を持ってお届けできるものになっています。ぜひ楽しんでいただきたいと思っています。よろしくお願いします。

ウチ「断言したよね?これで不評だったらどうすんの?」

今村氏: 小田原は本社から近いということもあり、スタッフの中には小田原に実家があるものもいたりして、色々と調べて結構いいものになったのではないかと思っています。有名武将がたくさん出てきて、これぞ戦国というイメージのダンジョンに仕上がっています。有名武将との戦いは、戦国MMOとして1番楽しめる部分ではないかと思っています。追加試練を含めてやりこみ要素はたくさんあるのでぜひ楽しんでいただきたいです。

ウチ「スタッフの実家公開してますけど・・・言葉は気をつけねばね」


以上、「Game Watchをぶった斬り」してみました。

思ったのは、実際プレイしてないんだろうな・・・と。こっそりわからないようにプレイして気づいて欲しい部分も見てほしいものですね。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

まこちん

Author:まこちん
真紅 三好家所属  一門「旋風」筆頭

城下町
『まこちんの隠れ家』
「旋風筆頭の里」


持ちキャラ
島津誠久   暗65

望月誠郎   刀65

戸沢政盛   能65

徳川千    通64

豊臣茶々   道65

武田菊    古63
 
浅井初    仏64
 
備前綱吉   鎧65

小早川秀包  軍65

望月鶴    術65
 
浅井井頼   芸64

歌舞伎金次郎 殺陣63

徳川江    士64

風魔お風   鉄64

霧隠露    法65

三河一向宗  兵64

日真     密63

鈍兵衛    典63

北条御方   仙63

武田万里   修59

徳川勝姫   召65

佐脇良之   演64
 
定恵院    雅62

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。